小俣和美先生のところで
二十歳のころ、社員をさせて頂きました。